セラピスト集客

自宅サロンオーナー様の集客にFacebookは有効ではないのか?

個人・自宅サロンオーナーの集客アメブロ・Facebook・インスタの活用方法

 

あなたのファンで予約を埋めるサロンづくり

ファンメイクプロデューサー
澤居寿江です。

 

 

最近、サロンオーナー様から

立て続けに耳にした事があります。

 

 

オーナー様の話:

 

私のお客様達って
主婦だったり、パートだったり…
とにかくFacebookをやっている人が少ない。

だから、
Facebookで集客する
イメージがわかないんです。

 

 

stockfoto_47505608_XS.jpg

 

 

はて?

 

Facebookを活用しているのは多くが起業家さん。

 

 

私のお客様は一般人。

 

 

こんな発想ですかね。

 

なんとなく
アメブロ記事をリンクして

たまーに
プライベートネタをあげてみる。

もったいないオバケが出ちゃいます〜。

 

 

 

SNSを使いこなす前に、諦めていませんか?

 

プロデュース生には、
活用ヒントを伝えると

「はっつ!そうだ、なぜ気がつかなかったんだろう」
そう言って腑に落ちることばかり。

 

 

意味がわかればあとは…(喜)

 

まだまだアメブロ重視でもったいない

 

 

でも、チャーンス♪

 

未来のお客様に向けて

 

季節がらの記事を
ブログやFacebookにリンクして
美の情報を投稿する。

 

つたないなぁと思いながらも
美容情報をもって
「伝えたい」気持ち!ありますよね。

 

 

その記事を読んだ人が参考になるだけで良いならばOK!でも?

 

記事をきっかけに

サロンの予約に
つなげたいのなら

 

集客のための
記事投稿ならば

 

 

「乾燥」というテーマで

ざっくりとした解説だけでは

 

未来客様の
ココロは動きません。

 

なぜなら、

 

肌乾燥に悩む女性が
その記事を読んで

まず、すること…

 

自分でどうにかしよう!

とセルフケアを
試そうとするからです。

 

51670309d3136a531e4447ff19811424_s.jpg

 

 

 

言葉をもっともっと分解して伝えて行かないと

 

 

「あっつ、やば!これ私のことだ…」
とハッとして

「このままではダメなんだ…」

「どうにかしたい」
と気持ちが揺らぎません。

 

 

さらにそれが、

 

だれか?ではなく

あなたのサロンに
助けて欲しい!

とレスキューされることです。

 

 

さぁ、
どんな言葉のチカラを使って申込みに繫げますか!?

 

 

「あっつやばい!」と気づかせる方法は?

 

 

カウンセリング術無料メール講座