セラピスト集客

心地良く感じる言葉の使い方

不要不急な外出の自粛モードに入りましたが、人は誰かと繋がっていたい社会的欲求がありますよね。
だから、SNSの配信や閲覧回数が増えたりしませんか?

私のSNS活用の目的は、
仕事の集客目的ではありましたが
そこで知り合い、コメントをやりとりする中で
交流自体も楽しめるようになりました。

そこで、
ビジネスにおける集客目的の配信やプライベート投稿でも
この新型コロナウイルスの拡大が懸念されるようになってから

ちょっと違和感を感じるものや
心地良いなと思えることが変わってきたように思います。

だから、
私達の投稿自体も時流にのれているか?
試されているなぁと感じた次第です。

もちろん、人は意識をしたものにしか目がいきませんから、
人それぞれの見え方や捉え方がありますが
共感することがありましたら
SNSへの発信の参考になればと思います。

売上のステージアップをサポートする
Sawaiゼミ主宰澤居寿江です。


不安をあおる言葉遣いの違和感

私は日々、メルマガを配信したりFacebookやInstagramを駆使し
お役に立てるであろう伝えたいことを発信しています。

同じく、自分自身に役立てようと
メルマガを購読したりSNSを閲覧、交流の場として
積極的に活用しています。

ただでさえ昨今の世界的規模の危機な状況下で
意識無意識に関わらず色々なことで不安は否めない状況のなか

「こんな世の中だから」と不安と隣り合わせな感情を
歯を食いしばって、大丈夫なふりをしながら
多かれ少なかれ耐え忍んでいる状態のところへ

わざわざ不安をあおるような表現や言葉の使った投稿が
その方の商売の私利私欲目的に感じてしまうことがありませんか?

もちろん、
日々の売上げやお客様確保、いつもと変わらぬ運営を
していきたいのは誰もが同じだと思います。

しかし、
お客様の健康を損なうような行動の誘導や
不安に漬け込むような言葉の槍が

痛々しいと感じることも事実です。
しかもそれは、これまで以上に感じやすい。

安心を与える表現や言葉の使い方

いわゆるスピリチュアルな世界観を表立てて表現する投稿も
とても増えたように感じます。

つまり、
目には見えない物理的を超えたエネルギーや宇宙の話です。

私自身も、元々は超現実的主義で
見えるものが信じられること
見えないものはきな臭いことなどと捉えていました。

しかし、
古典物理学から量子力学なるものがあることを学び
物理的にもないものはあると知り腹に落としました。

何が言いたいかと言うと、

カネやモノや時間などの「あるない」を論ずるのではなく

もっとビジネスの本質である

自利利他による「お互い様」精神と
私は大切なひとの、または世の中に対して
どんなお役に立てるだろうか?と考え行動する

高次元のエネルギーの使い方をすることが
与える印象としては心地が良いと思うのです。

最後に

言葉は人を幸せにもできるし傷をつけることもできます。
不快感を感じてもスルーをする人がほとんどでしょう。

声にして発する言葉と
読み物として発信する言葉では
受け取られ方も変わります。

そこで、「私は私が使う言葉でできている」と思ったら
どんな言葉遣いが『私らしさ』なのか?

時流に合わせて考えたいですね。諸行無常、世の中は常に変化をしています。

そして、逆もしかり。
自分に不安や「ない」ことばかりに意識を向けていると
隙をついた言葉が刺さり

思わぬ行動をとってしまうことがあります。

そして
私利私欲的感情で促す強い言葉には、強さや、信用さえ感じてしまう鋭いチカラがあります。


今本当にそれが必要なのか?

冷静に感じ取れる思考のシンプル化をしていきませんか?

あなたが大切なひとに、
与えられる安心感は何ですかね?

カウンセリング術無料メール講座