セラピスト悩み

サロンでリピートされる仕組みを作るための手段より先に大事なビジョン

集客の効率的な方法を知りたい 売上を上げる方法を知りたい サロン経営をするうえで とても興味のある情報だと思います。

サロンオーナーさんの
売り上げのステージアップをサポートする
澤居寿江(さわいとしえ)です。


サロンオーナーさんと話をすると

  • 新規の集客の仕方を教えてください
  • どうやったらリピートに繫げられますか?
  • お客様に長く通ってもらう方法を教えてください。

と、 聞かれることがあります。

手段を知りたい思考が招くこと

まず把握して欲しいのは この質問が 「手段」を聞いていると言うこと。 「与えて欲しい」と言う
表現であることを前提とします。 私は3年前あるところで 老子の格言を知りました。

577059cee7e7ef820cf806f26a60b3db_s.jpg

『授人以魚 不如授人以漁』
意味:魚を与えるのではなく釣り方を教える

言われたことしかできない人ではなく自ら考え動ける人へ

相談に来てくださるサロンオーナー様が 自ら学び考え行動できる 「考動」の気づきを得られるよう、私は心がけています。

なぜなら、「質問」「相談」は、

解決の手段

をお伝えするものだからです。

私自身、 失敗に失敗を重ね、ブレブレでクネクネのサロン経営をしていたことがあります。

ですが、軌道修正して 出会いたい新規様に出会い、お客様からお願いされるというありがたい集客と、

次回予約を取って定期的に通うお客さま達。

そしてその方達とホームケアまで任される

信頼関係を 築ける人になりました。

そのポイントは、「目的」をしっかりと自分に落とし込んでいたから。

手段を伝えない理由

手段を伝えない理由のひとつは 答えは1通りじゃないよと言うこと。

自分で考え行動することを意識してほしい。

ちなみに私、ライダーなんですけどね

車やバイクを走らせるときの目線と同じ理屈が当てはまるんです。

峠を走る時 恐くて目線を下に向けるのと
行く先を見て走るのでは、ライン取りや最短時間が全然違うんです。

コーナーを曲がるとき 恐くて手前をみるより コーナーの出口を見るだけで、キレイに曲がれるんです。

d00c915c739109121386740b6c5a9254_s.jpg

私たちのサロンワークもまさに!なんですよね。

キーワードは目的に向かう目線!

どこを見ているかわからない
どこを見たら良いのかわからない
何のためにサロンをやっているのか?
ビジョンは何か?

まずはこれが明確になっているだけで 随分悩み方が変わってくると思います。

あなたは、きちんと目的に目線を向けていますか?

あなたのサロンの規模に応じた、「やるべきこと」をお伝えしています。

カウンセリング術無料メール講座