パーソナルシード

【パーソナルシードお声】自分を知ることで相手を理解できる

何か最近、この言葉が良く見るとか目に入るなんてことはありませんか?
このところ私の目に多く飛び込んでくるワードは
「自分を知る」です。

こう言うのって『引き寄せ』って思われがちなのですが
そもそも引き寄せとは『自分の意識』なので

普段からあったのに自分自身が無意識だっただけなのです。

なぜ『自分を知る』に意識が強まるのか?それは
私がこれまでSawaiゼミの中で
カウンセリングの秘策として伝えてきた
「パーソナルシード」と言うスキルが

自分を知ることにとても役立つことであり
それを一般公開として『体験会』をはじめたことが
きっかけとなりました。

『個の種』を知ることで・・・は、
相手のことを理解することはもちろんですが
自分自身の理解にも大いに役立つものとなっています。

売り込まずにお願いされる営業・クロージングに役立つスキルの記事https://sawaisemi.com/personalseed/2415/

サロンの売り上げアップをサポートする
Sawaiゼミ主宰澤居寿江です。

自分で自分がわからない

パーソナルシードの体験会では、参加理由に

・自分で自分がわからない
・自分がどう対応すれば良いかわからない
・自分の特性を知りたい

など、自分自身を知ることを
参加動機のひとつとしてあげられています。

例えば、

知るとのみ思いながらに何よりも知られぬものは己なりけり

わかっているようで一番わからないのは自分自身だ

と言う意味です。

そもそも、
自分がどんな人間かわからなくて「何のために生きているのか」
と言う深い話になってしまいますので

この話はまた機会がある時にでも。

自分を知るために

パーソナルシードは古来より伝わる帝王学のデータを元に
『個の種』である特性を導き出したものです。

生年月日から導き出すツールは
他にも色々とあるかと思いますが

ひとりひとりの特性を知る人間分析学・心理学・脳科学のエッセンスを
取り入れたと言われています。

実際、どれだけの人が『本当の自分』を知っているでしょうか?
実はみんなわからないからこそ
占いをしてみたり、良いことは信じて、そうでないことは信じなかったり。

偶然や運命などと言うもので
もやっと日々生活をしているのではないでしょうか?

最後に

身心統一道を提唱する中村天風の言葉で

自己を作るものは自己なり

『真理のひびき』

この注釈として説明されていたのは

「あなた方の命は、あなた方のものでしたね。
隣のおばさんのものでもなきゃ
向こうのおじさんのものでもない。

自分のものだったら、
自分がこれを監督、支配、そして制御し
運営していかなきゃならないのも
当然じゃないか。」

自分で自分を知ることが1番難しいけれど
それを運営していかなければならないのが『人生』

ぜひ、それを担うスキルとして
パーソナルシードを活用してみてください。

まずは3つのタイプに別れる素質についてを解説
7日間の無料メール講座がオススメです。

▼ーー▼ーー▼ーー▼

パソナルシード7日間無料メール講座

お客様に対し、
ただ単に情報を伝えることや
ご提案を通り一辺倒にお話しするだけではリピートされにくい!

一人ひとりのお客様に合わせた伝え方は
カルテにご記入いただく『生年月日』で知ることができます。

人間関係をまるっと上向きにする
売るカウンセリング力から『癒す』カウンセリング力へ
パーソナルシードの活用術7日間メール講座はこちらです