パーソナルシード

売り込まずにお願いされる!営業・クロージングに役立つ素質論パーソナルシード

〜仕事でのお客様対応はもちろん、大切な夫婦や親子関係もまるっと上手くいく〜

「あれ?良さが伝わらない」なんて経験はありませんか?
私がこんなに良いと思うサービスや商品が全然響かない!

あなたはそんな時
自分の伝え方の乏しさを嘆きますか?

それとも、
ご縁がなかったとさっくりあきらめますか?

「伝える」と言うことはこの場合相手に、
必要性を感じてもらい申し込まれたい。

やって欲しい・買って欲しい本心がありますよね。
だからもちろん、相手に対して
何に悩み・何に困り・どうなりたいか?『聞く』事が大前提です。

しかし、
それを聞いた後に『絶妙な提案』をするには?

Sawaiゼミ主宰澤居寿江です。

人には3つのタイプがあるから

自分と同じタイプの人だけを集める
私の伝えたい事が伝わる『同じ価値観』の人とだけ、お付き合いをする。

それも身を守るためのひとつですが、

商売をするにあたり
色々なタイプの人がいることを知り
その人達と共感しあえる仲になることは

器の大きさを広げる自己成長となり
人として大切なことですよね。

そこで、

・伝わらない
・理解ができない
・イライラする

こんな相手を「嫌い」で片付けるのではなく
自分とは違うタイプなのかと
興味を持つ事ができるスキルがあります。


そもそもの思考が違う本質を理解する

例えば

夫婦は他人?他人じゃない?
こんな意識でもタイプの区分けができます。

例えば

何気ない「頑張って」が
相手のやる気を削ぐ場合があります。

実はサプライズが苦手で
自分の計画や予定が乱されることを
嫌う人がいます。

「一緒に頑張ろう!」って一見仲間意識が強くて
みんなでやる気が起きそうですが

「一緒に」にプレッシャーを感じたり
「仲間」と言う言葉が引っかかったり

それでモチベーションが下がる人がいます。

逆に

「お互いに頑張ろうね」って
良かれと声をかけたら

「冷たい」「決裂」と受け取られることも・・・。

良かれと思った言動や行動が仇になること

仕事での成果に関わる対人へのアプローチはもちろん。

大切な夫婦やパートナーのより理解を深めるスキルとしても
大いに役立ちます。

「これやって!」とお願いをするときに
喜んで引き受けてくれる場合と

イラッとされる場合があります。
そんな時の『気持ちよく』お願いを聞いてもらえる伝え方とは?

お土産を買ってきたのに喜ばれなかった・・・

お手紙を添えてプレゼントをあげたのに
手紙を読まずにその辺にポイ

こんな寂しい思いをした事がありませんか?

会話をしていると
・主語がなくて意味がわからない
・話が長くて聞くのが面倒くさい
・なぜ?なぜ?ってうっとうしい

こんなコミュニケーションの不一致も理解不能も全て
人にはタイプがあるのです。

そのタイプを知っておくと
・なるほどやっぱりねと予測ができる
・へ〜そう考えるのかと面白がれる
・対策がわかるので円滑に事がすすむ

まずは7日間のメール講座で3つのタイプについて
慣れてみませんか?

<<もう!なイライラが解消する3つのタイプ別素質論パーソナルシード活用術>>

7日間の短めなメール配信になりますので
お気軽に登録してみてください。
きっとお役に立てると思います。

カウンセリング術無料メール講座