サロンリピート

売れるエステメニューだからフェイシャルメニューを導入!の間違い

はじめまして、

サロンオーナーさんの
売り上げのステージアップをサポートする
澤居寿江(さわいとしえ)です。

フェイシャルメニューを取り入れたのに、思ったよりリピートが少ない。

そんなお悩みはありませんか?

フェイシャルメニュー=売れるメニュー?

ボディコースのお客様に「フェイシャルも一緒にやりたい」と言われて始めたけど、
最初だけだった。

ボディマッサージの施術がだんだん辛くなって、フェイシャルにシフトチェンジしたいけど、
お客様はボディを希望される方ばかり。

物販を増やしたくて、フェイシャルメニューをキッカケにするけど、
施術にしか興味をもたれない。

私が15年フェイシャルを専門にしてきた傍らで、他のサロンオーナーさんやセラピストさんから聞く声です。

あなたの悩みもこの中にありますか?

そもそもお客様が来る目的は?

そもそもあなたのサロンにいらっしゃるお客様は、何を目的に来てくださっているのでしょうか。

あなたの提案はその目的に合うものでしょうか。

ボディがメイン、ついでのフェイシャルの場合

お客様の時間やお金の余裕とフェイシャルメニューが天秤にかかります

自分の労力の都合でフェイシャル推しにしたい場合

フェイシャル推しの目的が自分の都合なので、
潜在的なうしろめたさで
フェイシャルエステを推せない
状態をつくります。

化粧品を売るためのキッカケにフェイシャルエステをする場合

その流れのカウンセリング方法があるため単にフェイシャルエステをすればいいという問題ではありません。

お客様の目的に対してあなたの提案が的を得て初めて、フェイシャルエステの魅力が伝わり、お客様からリピートを希望されます。

来るお客様を決めるから提案がスムーズになる

入口と導線をつくっておかないと、お客様にとって的違いの提案をしてしまうことがあります。

色々なアプローチができるからこそ、セラピストもお客様も迷ってしまったり、違う入口から入っていくのです。

ニキビでお悩みのお客様に、皮膚からアプローチしますか?内面からアプローチしますか?

私がフェイシャルエステを専門にするのは、

入口をひとつにし、導線を決めることで

お客様にとっても、私にとってもストレスなく、
違和感なくサービスの提案ができる
からなのです。

 

個人・自宅サロンオーナーさんの新規のお客様をトリコにする!

初めて訪れるお客様の、不安をいち早く取り除き、 お客様の現状を『お客様以上に知ること』が、信用に繋がります。

そして期待以上の満足を得ていただくために必要なのは、まず、『聞き取ること』です。

ですが、闇雲に聞いてもお客様の負担になるだけ。

お客様への心遣いをしながらも、お客様に最高のサービスを受けていただくために必要な原則を5つにまとめました。

この5つの原則を徹底して、お客様にあなたのトリコになっていただきましょう!

サロンで活用していただけるカウンセリングシートつき!

カウンセリング術無料メール講座