サロンリピート

フェイシャルメニューならリピートされると思ったのに

フェイシャルメニューを

取り入れたのに、

 

思ったよりリピートが少ない。

 

そんなお悩みはありませんか?

 

ボディコースのお客様に

「フェイシャルも一緒にやりたい」

と言われて始めたけど、

 

最初だけだった。

 

ボディマッサージの施術が

だんだん辛くなって、

 

フェイシャルに

シフトチェンジしたいけど、

 

お客様はボディを

希望される方ばかり。

 

物販を増やしたくて、

フェイシャルメニューを

キッカケにするけど、

 

施術にしか興味をもたれない。

 

私が15年、

 

フェイシャルを

専門にしてきた傍らで、

 

他のサロンオーナーさんや

 

セラピストさんから聞く声です。

 

入口と導線をつくっておかないと、

 

お客様にとって

的違いの提案をしてしまうことが

あります。

 

 

0e5449d0f1d901d11468fe0907ea626c_s

 

 

色々なアプローチができるからこそ、

 

セラピストも

お客様も迷ってしまったり、

 

ちがう入口から

入っていくのです。

 

ボディがメインで

ついでのフェイシャルは、

 

時間やお金の余裕と

天秤にかかります。

 

自分の労力の都合で

フェイシャル押しにした場合、

 

目的が自分の都合なので、

 

潜在的なうしろめたさが

フェイシャルエステを推せない

 

状態をつくります。

 

化粧品を売るための

キッカケに

 

フェイシャルエステを

する場合は、

 

その流れの

カウンセリング方法があります。

 

 

的を得ることで、

フェイシャルエステの

魅力が伝をわり、

 

 

お客様から

リピートを希望されます。

 

私がフェイシャルエステを

専門にするのは、

 

入口をひとつ。

導線を決める。

 

こうすることで、

お客様にとっても、

私にとっても

 

ストレスなく、

違和感なく

 

サービスの提案が

できるからなのです。

 

お客様から求められる。

 

ニキビでお悩みのお客様に、

 

皮膚からアプローチしますか?

 

内面からアプローチしますか?

 

カウンセリング術無料メール講座