サロン経営ノウハウ

セラピスト集客を成功させるために知っておきたい脳科学の話

はじめまして、

サロンオーナーさんの
売り上げのステージアップをサポートする
澤居寿江(さわいとしえ)です。

お客様目線とかお客様のためにと誰もが思うことですが、思わずはずしてしまうことがあります。なぜそのようなことが起きてしまうのか、考えてみたいと思います。

オーナーでありセラピストであることの課題

採決・経理・マーケティング・営業・集客・現場。
私たちはどれだけのことを専門に扱うことができるでしょうか?

オーナーでありセラピストである私たちは、会社組織で言ったらすべての事を例えミニマムであってもこなしていかなければなりません。

オーナーとしての顔とセラピストとしての顔があるわけです。それぞれの業務は全く異なるものだからこそ、オーナーとして使っている脳とセラピストとして使っている脳も異なっています。

右脳と左脳の特性を活かした思考

お客様と向き合うセラピストの仕事は、感受性を豊かにして気配り心配りを怠りません。感性の右脳を優位に使っていると思われます。しかし、経営と考えた時これは左脳を働かせる必要があるのです。

本来、右脳と左脳は情報伝達の信号が行き来できるよう脳梁と呼ばれる組織があります。男性よりも女性の方がその幅は広く左右の脳は行き来できるのだそうです。

例えばサロンワークに置き換えてみると

サロン経営を考え、コスト・経費・単価・利益からサービスを考えるのが

左脳優位

それに対して、

お客様の悩み改善を考え、やり甲斐・喜ばれる・感謝される・信頼関係・お客様満足を思いながらサービスを考えるのが

右脳優位

男性が経営者で、店長が女性だとなかなか共感しあえないのは完全に目線が違うからですね。

ひとりサロンでは左脳的思考でお客様目線を外す

あなたは今左脳を使っていますか?右脳を使っていますか?思ったように売り上げが上がらない、思ったような集客ができない時は確実に左脳的思考です。

個別相談でもどうしてリピーターを増やしたいですか?と言う質問に安定した売上げを上げたいから!と即答される方がいます。お客様はオーナーの売り上げをあげるためにサロンを利用しません。

この思考のままだといつまでもお客様目線を外した状態が続きます。これは早く対策したいですね。

お客様よりお客様の事を知る

〇を読む力
〇〇を探る力
〇〇を練り込む力

これを持って絶妙な提案をすることがお客様のためになることであり、サロンリピーターを増やすためにもなります。当然、本を読んだだけではできません。知識と伝え方とマインドに自信が持てれば、お客様への提案は自然にできるものです。

どのようにカウンセリングをすればお客様のためになるのか、サロンリピーターが増えるのか、気になる方はこちらの小冊子を参考にしてください。

カウンセリング術無料メール講座