セラピスト悩み

サロンオーナーの営業は苦手だけど売上げはあげたい悩み

私達はサロンに来たお客様から施術を提供し
商品を販売することで
お金(対価)をいただいて売り上げを上げています。

その際、
お客様が望んだことだけを請け負って
サービスや商品を販売して経営が成り立てば
何の苦労もありません。

サロンの売り上げアップをサポートする
Sawaiゼミ主宰澤居寿江です。

サロンをはじめた頃
まだ初々しかった時は、

お客様が来てくれるだけで
幸せな気持ちになりましたよね。

そして、
サロン勤務経験から『私は売り込まないぞ』とか
『営業はしない』と心に誓ってみたり


未だ多い「エステに行ったら勧誘がすごい」イメージを
私のサロンでは1mmも抱いて欲しくない思いから

お客様の望むことだけを提供するサロンづくりが
良いサロンだと認識していきます。

お客様からも
・無理にススメないところが通いやすい
・以前他のサロンで嫌な思いをしたことがある
・商品とかススメないで欲しい

などと伏線を張られると

やっぱりこのスタイルが
お客様には喜ばれる・・・などと確信したりしませんか?

お金をいただくことへの意欲の妨害

サロン勤務時代は
あんなに売り上げノルマを課せられて
何百マンも営業できたのに

自分のサロンになったら
数万円も提案できなくなったとか

お客様からお金をいただくこと自体が
申し訳なく思えたり

つまり、
私の善意が「私の利益のためにやっている」と
お客様に勘繰られたら困る。

こんな思いがつのることで

お客様に好かれたい一心で
自分の不利益に目をつむってしまうことさえ
あるのではないでしょうか?

ビジネスであり奉仕ではない

かたや、
採算度外視くらいのサービスを提供し
心の中で

『安いから大丈夫』と
自分を納得させて価格設定をしたり
不利益から目を逸らしてもどこかで

自分の気持ちにウソがつけず
我慢ができなくなるものです。

・うちは単価が安いから
・安い客しか来ない
・こんなにやってやってやっているのに

ビジネスが奉仕のようになり
尚且つ、
奉仕どころか、恩着せがましくなって行きませんか?

経営脳が数字を追い始める

お客様のために
・売り込まない
・安い価格設定
・不利益に目をつむる

だんだんお金に対する意識から
意に反して売り上げへの執着が強まるものです。

・売り上げを上げるには
・単価の良い客を集めたい
・安い客から高い客へ
・バズーカートークでの売り込み必至

いつしか
お客様に言いくるめられて負けるわけにはいかない

お客様に勝って納得してもらう

数字を追うことは
お客様にお金を払わせることではないですね。

最後に

お客様の悩みが
今よりも軽減することや、より幸せになることがあって
それをお客様自身より私たちの方が知っている場合があります。

なぜなら
その道の専門知識と技術を持っているからです。

だからこそ、
お客様が想像する範囲を超えたご提案は
お客様が自ら必要だと思えば

お金を払ってでもやりたいし欲しいものなです。

対価とは、
他人に財産・労力などを提供した報酬として受け取る財産上の利益

goo辞書

つまり、
私達はお客様に見合う施術や商品提案をし
見合った対価をいただくことで売り上げを上げています。

お客様側からすると
財産や労力を提供してもらった報酬として、お金を払っています。

この価値がお互いに共有できていることが
売り上げることで

それを高くするも安くするも
提供する側、つまり私たちの提供の仕方次第となります。

お客様に価値が伝わるよう努めるか
価値の高さを共有できるお客様を集めるか

どちらにしても
どのようなところに価値を感じるのか?
価値と実感してもらえるのか深く、深く聞いてみる必要がありますね。

カウンセリング術無料メール講座