セラピストの美容知識

【Sawaiゼミ】セラピストがスキンケアアドバイスに知っておきたい目的と歴史

セラピスト豆知識スキンケアの歴史

セラピストが学ぶ基礎スキンケアの目的と歴史

あなたのファンで予約を埋めるサロンづくり

ファンメイクプロデューサー澤居寿江です。

 

 

動物が陸で生命活動ができるようになった起源とスキンケア目的

 

 

地球はおよそ46億年前に誕生し

じっくり長い時間をかけて
進化しました。

 

生物が海から陸で
活動できるようになったのは、
数億年前と言われています。

 

果てしなすぎて
想像もできません。

 

この間に、

動物は乾燥・紫外線・酸化から

カラダを守る皮膚の進化をしたと

言われています。

 

今、

私たち女性が行っているスキンケアは

まさに

これらから守る皮膚を助けるケアなのです。

 

 

人類の進化から化粧が魔除けとして始まる

 

この長い進化からすると、

縄文時代は
つい最近のことですよね。

 

縄文から弥生時代の
スキンケアの歴史は、

顔ではなく身体を
清めることでした。

 

 

古墳時代になると、

『魔除け』という意味で

身体や顔に赤い
顔料を塗っていたそうです。

 

 

魔除けで赤い顔料を塗っていた
時代があれば、

 

顔を真っ白に塗って
『美』を意識した時代もあります。

 

 

現代のように、
『魅力的に自分をみせる』

飛鳥時代から、

 

女性の『美容』に対して
意識が強まったと
言われています。

 

 

色白は七難隠す

 

中国から伝わる書物から、
『色白は美しい』
認識されていきました。

 

『色白は七難隠す』
今も続いていますね。

 

当時は部屋明かりも薄暗く、

肌が真っ白なくらいが

美しかったようです。

 

 

米ぬかや植物の絞り粕など、
いわゆるおしろいとして
愛用されました。

 

しかも、

優雅で富の象徴として
貴族の間で流行った

『化粧』のはじまりです。

 

そして時代が移り変わっても、

『肌が白く見える』ために
化粧が行われたのです。

 

 

昭和から平成のメイクの流行り

 

現代では、

『小麦色の肌』『ガングロ』
『ヤマンバ』などと
流行がありました。

 

でも本能的に
『肌は白いのが美しい』
理解してきました。

 

現代は、
美白の手法も変わります。

 

 

昔、
おしろいで
白く塗りつぶした化粧法も

 

今は、
『ナチュラルメイクで色白美肌』
が求められています。

 

 

ファンデーションで塗り隠す時代は終わりました

 

いかに素肌が魅力的かが
「お肌のキレイ」につながります。

 

 

スキンケアに
重きが置かれる
傾向かもしれませんね。

 

 

女性の魅せる美容は、
「肌を白くする」が起源だった。

その為の手法は変わりつつも、
その美しさの定義は変わらないなのです。

 

 

 

カウンセリング術無料メール講座