セラピストの美容知識

サロンで満たすべき衛生管理の基準

新型コロナウイルスの情報が連日報道され
目に見えない物体に対して

人はこんなに不安になるものか

そして、
その拡散力にも驚かされるばかりですね。

3つの軸でサロンオーナーさんの売上げのステージアップをサポートする
Sawaiゼミ主宰澤居寿江です。

お客様の健康を維持する衛生管理

以前勤務していたサロンの衛生管理法や
特に習わずに自己流でやっている消毒や除菌。

エステティックの空間で
最低限クリアしたい基準を知り満たしていますか?

まず思いつくことは手指の消毒ですよね。

そして、
お客様が直接肌に触れる用具類の使い捨て。

施術で使う用具や器具には
用途に合った衛生管理があります。

消毒・殺菌・滅菌のちがい

お客様と私達自身を守るための衛生管理の知識として

3つの違いは知っておきたいですね。

消毒:病原微生物を殺すか、除去をして感染力をなくすこと。害のない程度まで減らすことを目的に行う。

殺菌:微生物を単に殺すこと。

滅菌:有害・無害に関わらずすべての微生物を死滅または除菌(無菌レベル保障レベルまで)すること

新エステティック学 日本エステティック協会教本より

手指消毒と言ったり、殺菌作用のある成分とか器具の滅菌など
私達も何気に使い分けてはいると思いますが

この違いを理解できていると尚意識が変わります。

最後に

自宅サロンやミニマムなサロン形態でも
衛生管理の最低基準は満たそうとするべきで

お客様へのサービスの提供と共に
気遣いとして当たり前レベルで意識します。

具体的にはこちら

日本エステティック研究財団『エステティックサロンの衛生管理導入の手引き』

また、eラーニングによる知識の習得もできます。
「エステティックの衛生基準」習得のためのeラーニング

ぜひ今一度見直してみてください。

カウンセリング術無料メール講座