サロン経営ノウハウ

ダーマロジカプロ推し!フェイシャルメニューを人気にしたいサロン商材選びの具体的内容

フェイシャルメニューをメインにしたいサロンオーナーさんにとって、
トリートメントで使用する化粧品(商材)選びは、
とても重要なところですね。

私自身も、フェイシャル専門サロンと打ち出していることから
化粧品選びにはこだわりがあり
決定する際の基準を聞かれることも多々。

そこで、
私のサロンで扱っているダーマロジカプロ化粧品の
取扱店に至るまでの経緯をお話しすることで
今化粧品選びにお困りのオーナーさんの
ご参考になればと思います。

サロン売上げのステージアップをサポートする
Sawaiゼミ主宰澤居寿江です。

お肌の健康を第一に考えた

化粧品選びのポイントとして、


・植物由来かどうか
・石油系オイルの有無
・香りやテクスチャー

成分のコンセプトが気になるところではないでしょうか?

化粧品の骨組みとなる基材には
・水
・油
・界面活性剤
があり

更には
特性を活かす有効成分

使い心地を調整する成分

品質を保つための
保存料などの添加物が配合されています。

肌の健康を第一に考えた・・・とは?

裏を返すと
肌の健康に関係のない成分は使わないこだわり。

ダーマロジカプロが私のコンセプトと一致したことは
まさにこちらでした。

肌質や状態に合わせて使える

お客様とのコンサルテーションで
お悩みやなりたい肌を聞き取り
それに合わせて商材選びができるかどうか?

つまり、

トリートメントが1通りだったり
他メーカーを混ぜ込まないと
十分なコースが組めないのは理想ではありませんでした。

ダーマロジカプロはその点、
全ての肌質と状態に合わせて
商材をチョイスすることができる品目の多さが
魅力の一つであり

それこそが
トリートメントでの結果の出しやすいただと考えます。

結果を感じてもらいやすい

フェイシャルトリートメントで
1万円近い価格設定をする際に

やはり
お客様がトリートメント後に
ご自身の肌を見て触って違いが実感できるかどうか?

更には
継続的に受けることで
トラブル改善や悩み解消まで
肌を変えることができるかどうか

何より、
その自信を私が持てるかどうかは
とても重要なことです。

教育プログラムの充実

私達がプロとなってお客様にサービスを提供するまでの過程は
・学校を出て資格を取得した
・サロン勤務経験
実績や資格を提げて開業するわけですが

その知識や情報は常にアップデートするべきです。
しかし、
その情報はそれだけが学べる場所というのは
非常に限られており

現状は、
製品を取り扱うことに付随する研修がほとんどではないでしょうか?

つまりメーカーの企業努力によるもの。

ダーマロジカプロはそもそもプロを育成する学校が大元です。


スキンセラピストへの敬意と
自己成長のための研修制度はとても充実したプログラムになっています。

ホームケア製品の充実

トリートメント商材とホームケア製品が
違うものを扱うとしたら

そんな不信感はありません。

エステとホームケアの相乗効果があってこそ
お客様との信頼関係は深まりファン化するものです。

エステと同じものが
ホームケアでも使える。

肌質と状態に合わせて
プロである私達が肌をみたて
処方するようにご提案ができることは

お客様が自然にお買い求めする
流れもできる素晴らしい仕組みです。

最後に

サロントリートメント、物販においても
取り扱う化粧品を選ぶことは

サロンコンセプトや
お客様とどう付き合うかに
大きく影響をします。

私自身は、
肌に余計なモノを乗せて欲しくない

必要最低限のスキンケアで最大限の効果を提供したい。

毎日使い続ける製品に対し
肌に対する効果はもちろんですが

高額すぎるものであってはならないとも考えます。

取り扱う化粧品により
カウンセリング術からお客様提案の流れも
それぞれ変わってきますから

ぜひ
自分がまず、製品の大ファンになれるメーカーに出逢ってください。


ちょっと変えるだけであなたのファンが会いにくる

運もツキも引き寄せるサロン女帝学