セラピストの美容知識

アンチエイジングの意識がイキイキとした人生を過ごせるカギになる、その理由とは

昔から『美容業界は不況知らず』と
女性の美的欲求を満たそうとするサービスや商品は
次々と進化をしています。

医療機関でさえも『美容分野』に
益々参入する程、発展していますね。

そのため、


一般女性も情報過多になり
何が効果があって何が効果がないのか?

結果重視の選択を強く求める
世の中になったなぁと肌で感じています。

その原因のひとつに、
ネット広告やSNS発信による『言葉の影響』が
大きのではないかとも考えます。

まぁ私もサロンオーナーさんに
伝わる伝え方や売り込まずにお願いされる
言葉磨きをお伝えする身として、重々承知している次第で…


だからこそ『美容レベル』の言葉の解釈について
知って欲しいことを書いてみました。

サロン売上げのステージアップをサポートする
Sawaiゼミ主宰澤居寿江です。

美容と医療の微妙な境目

美容のサービスや商品の進化に伴い
医療分野の美容業界進出に伴い

医療と美容の境目が混沌としているってことが
色々な場面で起きています。

例えば、

ニキビ悩みは皮膚科orフェイシャルエステ?
肩こり腰痛は治療or予防?
シミの除去は美容皮膚科orエステティック?

半健康状態は治療or予防?

美容と医療での言葉の解釈のちがい

例えばダイエットと聞いてどんな想像をしますか?

多くは、
食事制限をしたり運動を行って痩せる
体重を落とす減量をイメージするかと。

しかし医療的には、
病気の治療や健康を増進するための食事療法です。

英語の「diet」は日常的な食事を意味しているそうです。
つまりは、痩せすぎの人は増量することもダイエットなわけです。


昔の話なのですが、


幼少期から柔道をやっていた私は
中学体育連盟(中体連)の大会に出るために
体重の調整をしていた時期がありました。

当時思春期だった私は
学校の給食を残し食事制限をしました。



男子達から
「わーダイエットしてる~」と冷やかされ
なんか色気づいているって思われるのがイヤで

「ダイエットじゃない!減量だよ」って言ったけど
今振り返れば一緒ですよ。笑

表現と本質で解釈が違うこと

例えば
『デトックス』ですが
どんな意味だと思います?すっかり定着した
きっと誰もが想像できる言葉ですよね。

何をするイメージがありますかね?

もとは20年位前に、『岩盤浴』と言う
温活が一大ブームになりました。

そのころから『デトックス』と言う言葉が広がり
いつしか

デトックス=発汗なイメージが
一般的になっていないでしょうか?

しかし本来『デトックス』とは

体内にたまった毒素や老廃物を輩出する全般的なこと。

カラダから毒素や老廃物を輩出することで
本来の身体の働きを取り戻すことが目的です。


ちなみに
毒素がたまると精神的にも不安やイライラがつのるそうですよ。

それで、
口から入ってきた物質が

体内に入りたい放題か!と言えば
そんなわけはなく

腸内には体全体の7割にも及ぶ『免疫細胞』が群をなして
侵入を抑えています。

更に、
小腸で吸収されたとして

全部血液でカラダ全体を循環したら
このご時世、命がいくつあっても足りなくて

命がけで呼吸したり
食事をしたりするわけですよ、笑。

健康な人はちゃんと『肝臓』が解毒し
『腎臓』が輩出するメカニズムがちゃんとあるよってこと。

つまり、デトックスとは

第一不審者を見逃さない免疫細胞群がいて
解毒作用のある肝臓と輩出作用のある腎臓が

しっかり機能すること。

誤解されても結果オーライなわけ

もし、よもぎ蒸しやサウナ、岩盤浴など
汗をかいてデトックス!毒素を出そう~と

毒素や老廃物のおよそ3%と言われるものを
デトックスすると捉えたとしても

ご安心ください。

どの行為もカラダを芯から温めることで
肝臓や腎臓の機能はアップします。

その証拠に
トイレが近くなったり排便がスムーズだったり…。

本来のデトックスにちゃんと
繋がっています。

私が思うのに、
肝機能と腎機能を高めよう!って言っても
「えっつ」でなりますよね。

「汗かこうぜ!」の方が
スッキリするイメージが容易に想像できます。

結果オーライと言う事で。

免疫も体温が上がることでアップしますし

興味から行動に移していただくことが
まずは大事かなと思うのです。

最後に

私達、美に携わる者として

医者じゃないとか
治療はできないとか

お客様に『治す』ことができないことと
悔むのではなく

医者では出会えない
精神的肉体的に病のない時点で
お客様に出会えることに価値を感じませんか?

私達のステイタス性はそこだと思うのですよ。

それから、
多くの人は

老化は止められない
生命は必ず死を迎えることを

知っています。

だから『アンチエイジング』はそもそも
老化を止めることではなく

緩やかに老化していく
穏やかに年を重ねる
健康な人は更に健康へ

そんな意識は共有できるのではないかと…

アンチエイジングを真に受けない
大人な考えを持ちたいですし
そんな女性を増やしていきたいと思いません?


それが予防と未病の意識や行動となり

心身ともに良好でイキイキとした人生に
繋がるのだと考えます。

私達施術者がどう在るべきか?
少し考えるきっかけになればと思います。