サロン経営ノウハウ

お客様はどんなサロンに行きたい?どんなエステシャンなら選ばれる?の答え

はじめまして、

サロンオーナーさんの
売り上げのステージアップをサポートする
澤居寿江(さわいとしえ)です。

自分を犠牲にしてお客様第一だと思っていませんか?
自分を犠牲にせずお客様を大切にするセラピストについて考えていきましょう。

あなた自身がお客様になっているサービスは?

お客様満足度を上げることで、結果売り上げアップしよう!
とお伝えしていますが、お客様は決して神様ではありません。お客様の言うことを、何でも叶えるということではないんですね。

ここで想像してみてください。どんな商品でも良いです、あなた自身がなぜお客様になったかの理由は何でしょうか。

マンションを購入するとき、担当の営業さんがとても親切だった。
ショップの服のデザインも好きだけど、店員さんと仲良くなったからそこで買う。
こんなに長く通うつもりがなかった美容室だけど、気がつけば何年もお世話になっている。

モノを買う時、習い事をする時、サービスを受ける時担当する人の人柄は、とても影響しますよね。

「この人だからお願いしたい」
「この人だから続けられた」
「この人だから信じられた」

お客様の立場になったとき、「都合がいいから」ということだけでは付き合う理由にはなりませんね。むしろ、ファンになってしまったら、大抵のことはお客様である自分の方が都合をつけませんか?

どんなセラピストさんに任せたいか

自分が購入したサービスの理由を考えてみると、

・信じられる
・幸せになれるイメージができた
・任せたら安心
・この人にお願いすれば間違いない

このような理由が浮かぶのではないでしょうか。これらをわかりやすく言い換えるとこうなります。

信じられる人=ブレない人
幸せになるイメージができる=自分を理解してくれる
任せられる=人柄に信頼がおける
お願いすればまちがいない=尊敬できる

あなたがお客様からこう思っていただくために、どんな立ち居振る舞いをすれば良いでしょうか?

・自分自身が自信を持って提供できるサービス
・自分に任せてもらえれば、どんな幸せがあるか伝えること
・『あなたのことをこんなに思っています』という熱い思い

これらがお客様に伝わればきっと、良いお付き合いが長く続くのではないでしょうか。

こんなセラピストは信用されていない

それに対して自分を犠牲にするような態度やお客様のことを考える方向性が異なると、なかなか信頼してもらうのも難しくなってしまいます。

例えば

・予約を自由に取らせて、自分の都合を後回しにする
・お客様の顔色を伺って、オススメができない
・感謝を上回ってしまう申し訳ない気持ち

心当たりがある方もいるのではないでしょうか。

自分に自信がないから、自分を大事にできないから、お客様から信用されない。相手を変えるより自分が変わった方が早い、と言われるのはこういう所以ではないでしょうか?

あなたがセラピストでいることで、幸せになれるお客様は必ずいるのです!ぜひ、そんなパートナーを求める女性に必要とされるセラピストになってください。

 

カウンセリング術無料メール講座