セラピスト集客

友達や知り合いがサロンをリピートしてくれる場合の接客には

自宅サロンを始める時、

まずは身内や友人に声をかけ

 

知り合いやその紹介で、

 

ありがたいことにご予約をいただける。

 

最初の集客は

知り合いからと言うオーナーさんは

多いのではないでしょうか?

 

あなたのファンで予約を埋めるサロンづくり

ファンメイクプロデューサー

澤居寿江(さわいとしえ)です。

 

いつもは、

楽しくおしゃべりをする仲でも、

 

お客様として迎える時は

ちょっと新鮮ですよね。

 

知り合いだから、

何でも知っているようで、

 

実は、

どんな悩みがあって、

 

どんなことで困っているのか?

 

そう言えば知らない・・・。

 

例え友達でもお肌悩みや体調のことまで知らないこともある

 

美容に興味があったとしても、

普段お肌の悩みまでは聞いてなかった。

 

なんてことは珍しくありません。

 

だから、

たとえ知り合いがお客様でも、

 

カウンセリングは大事な工程です。

 

立場が変わると、

話す内容も変わります。

 

いつもお邪魔するあなたのご自宅も、

 

b534d1f3eebdcb6ef3147c2fcdf070ac_s

 

今日は施術を受けるサロン。

 

ちょっと緊張します。

 

お友達でもお客様だからかしこまった方がイイ?

ご予約をいただいた時間はお友達もお客様。

 

あなたも、

今日はお仕事!

 

気合が入ります。

 

仕事だから

丁寧におもてなし・・・。

 

敬語を使ったり、

変に気を使って

 

友達であるお客様を

余計に緊張させていませんか?

 

カウンセリングでは、

 

お客様のお悩みや

聞いてみたいこと

聞き出すことが重要になります。

 

 

そこで、

 

いつものような口調雰囲気で

ざっくばらんに気兼ねなく

会話ができた方が

 

話やすい場合

 

 

いつもより

まじめに質問をした方が

本当のことを

お友達が伝えやすい場合

 

それぞれあります。

 

何が丁寧で何がおもてなしのココロか?

 

 

「お肌のお悩みなにかありますか?」

「どんなケアを普段してますか?」

 

丁寧に問診をすることばかりが

気遣いではありません。

 

気遣いを心遣いにしてみませんか?

 

 

友達が気兼ねなく

本心を話せる雰囲気・・・。

 

もしかすると、

 

「お肌で悩みってある?」

「うちでいつもどんなケアをしてる?」

 

気構えせず、

いつも通りの会話で

 

知らなかったお悩みや

ライフスタイルを

 

教えてもらえるかもしれません。

 

 

逆に

知っているから伝えにくいこと

 

 

これは

改まって「施術にかかわること」と

雰囲気を出して

質問した方が

 

大事なコトとして

伝えてくれやすいでしょう。

 

 

気遣いと心遣いのちがい

 

マナーや接客で

お客様に丁寧に対応するのは

 

気遣いとして当然のこと。

 

 

その1歩先の

 

心遣いは、

 

お客様に合わせて、

より気遣うこと。

 

気遣いと心遣いのちがいを

理解すると、

 

セラピストとして

キャリアアップです。

 

 

それが、

ひとり一人のお客様に

合わせて・・・だと私は思います。

 

 

カウンセリング術無料メール講座