セラピスト集客

ご紹介が欲しくて、お願いしてみたものの反応はゼロ

あなたはお客様や知り合いから、

ご紹介をもらえるセラピストですか?

 

私は以前、

紹介が全然もらえない

セラピストでした。

 

ご紹介のお客様は、

目的をもって来てくれる

 

ご紹介なら、

前もって良さを知って

来てくれる

 

だから、

カウンセリングが楽で

リピートがされやすい

 

だから、

紹介が欲しい!

そう思っていました。

 

紹介キャンペーン

紹介に特典をつけて

紹介をお願いして

 

こちらが意識して

紹介を促していました。

 

結果はゼロ。

 

紹介がもらえるパターンには、

3つあると思いました。

 

1.お客様や知り合いが、あなたに協力したいと思う人柄

 

2.お客様があなたのファンで、

紹介することで、みんなが幸せになれるイメージ

 

3.カリスマ性があり、

知っていることが優越感で自慢したい場合

 

私の場合、

どれも当てはまりませんでした。

 

お客様は、

「友達に話すんだけど・・」

興味を持ってもらえない。

 

「自分がエステをやっているって内緒にしている」

自信がないから・・。

 

今、私はお客様から

「私の友達を紹介したいんです!」

「澤居さんに相談してみたらって、紹介しました」

そう言って、

ご紹介で新規様が来られることが

増えました。

 

なぜだと思います?

 

「自分が何ができる人か」を、

意識して伝えるようにしたからです。

 

これは、

自慢ではありません。

 

私は、

ブランディングというのは

自分ですることではないと

思っています。

 

だから、

事実だけをお伝えしています。

 

こんなことがあった。

こんなお客様が、どんなふうに良くなった。

こういうお悩みは、こうすると良くなる。

 

色々な場面で、

会話の中でブログで、

メルマガで

お伝えしてきました。

 

9e8acd4fdbe24dc3acf8918291129ace_s

 

つまり、

ご紹介くださるお客様や知り合いに、

 

澤居は、「こんなことをしている人です」を

伝えることで、

 

澤居さんはこういう人。

 

澤居さんはこんなことを解決できる人。

 

情報をお伝えすることで、

人に話やすくすることが

出来たんだと思います。

 

よく、

サロンのオリジナル性を求め

手技やサービスの流行りを追いかける

パターンもありますが、

 

1.2の連結

 

あなたを紹介したくなる、

 

「なにができる人か」を

ちゃんと伝えることで、

ご紹介の輪が広がるセラピストに

なりませんか?

 

カウンセリングの深みを知り、

リピートされるしくみをつくる

 

はじめの1歩は、

あなたを必要とする人に

みつけてもらうことだと、

私は思います。

 

カウンセリング術無料メール講座