プロフィール

ファンメイクプロデューサー澤居寿江

私は、現在も店舗サロンを運営する
オーナーで現役エステティシャンです。
フェイシャルを専門にするので、 スキンセラピストとも言っています。

かたちを変えながらも20年以上の現役生活を送り、
これからもこだわり続けます。

大手サロン勤務後、
自宅サロンを始めたのが個人事業の始まりです。

自宅サロンスタイルから

訪販化粧品系サロンとして
本腰を入れて経営をはじめました。

その当時は
マーケティングや集客・フェイシャルエステからの
ホームケア販売・リピート客をつくる方法。

泥臭くコツコツとがんばるセラピストとして
成功するまでのマニュアルがありました。

『成功するまでのマニュアル』は
素直に取り組めた人が成功するマニュアルです。

しかし、エステティシャンが本質の私は、
『フェイシャルエステのクオリティー』『サロンオリジナル』
なにより、自分らしさにこだわりたかったのです。

 

不本意なサロン経営時代

その頃の私は、
自分らしさを見失い、売上のため、新規数を増やすため、
スタッフを育てるため・・・と思いながらも

目的も目標もわからず
どんどん仕事が嫌いになっていきました。

私が本当にやりたいこと。

拡大することでも
仲間を増やして売り上げを上げ続けることでもありませんでした。

お客様の信用は『エステ技術』で得ること。

『理想のお客様』だけで
サロン予約を埋めて集客の不安をなくし

楽しくお仕事がしたかったのです。

『リピートされる理由は、エステティックで結果を出すこと。』
『リピートされながら信頼される。』
『結果、ホームケアまで丸ごと肌を任される。』

そんなエステティシャンを目指すため

技術と知識とカウンセリング術に
とにかくこだわりたかった。

 

理想のお客様で予約を埋めた経験を活かして

今は、「澤居さんだから任せたい」
そういうお客様に囲まれてサロンワークを続けています。

サロンスタイルや化粧品にブランド力は関係ない。
お客様からの信用は私自身の問題。

訪販型エステサロンを経験したエステティシャンが、
技術にこだわりカウンセリングにこだわり物販まで行う。

カウンセリング術の流れは
オリジナルのSawaiメゾットです。

 

『営業はしたくない』
『売り込みは苦手』
『物販ができない』

そんな思い込みを、するりと解除します。

営業は売り込むことでもなく、物販は自分の利益のためでもありません。

そんなことは当たり前のことで、当然知っているはずなのに
多くのサロンオーナーさんが
お客様目線を見失うのです。

 

お客様は自分の思う満足だけでは、いずれ飽きます。

ながくお客様とお付き合いをし、
信頼関係を深めるには『提案型サロン』であることが

長くお客様から求められる秘訣です。

『思った以上の満足』
それは、お客様よりお客様のお肌を知ってくれるあなたでいること。
お客様があなたを信頼しているから、すすめられて喜ぶのです。

お客様満足度が結果利益につながる。
そんな、きれいごとを実現させるためにフェイシャルエステと向き合いませんか?

 

ファンメイクと個人コンサル・起業塾・集客セミナーの違い

個人コンサル・起業塾・集客セミナーなどの
ビジネス系の学びとは

一線を画す

それは、

「肌知識」と言う
専門分野をしっかり理解し

あなたのファンで予約を埋めるサロンづくりの
プロデュースをしています。

プロデュース生だけに参加権利がある
ファンメイクゼミでは、

「肌知識」「集客」「カウンセリング術」の3本柱で
6ヶ月学んでもらいます。

世の女性がもっとサロン通いを当たり前にするために

美と健康のために
セラピストをパートナーにしてほしい

そんなエステの底上げを企んでいます。

 

1996年 ◆エステティックサロン就職
短大を卒業し新卒で大手エステ会社に就職しました。世はバブル崩壊後ではありましたが、エステ業界はまだまだ賑わっていました。研修は1ヶ月のセンター缶詰状態。美容の美の字も知らない私には、全ての情報が学びであり刺激的でした。フェイシャルエステはもちろん、痩身・脱毛とエステティシャンの三種の神器を習得しサロン配属されました。新店舗に配属されたため、毎日テレアポによる新規集客に明け暮れました。この経験は、私に大きな勇気とそれから「エステサロンってアコギだ」という不信感を抱かせました。
エステサロンの月間売上ノルマ、個人の日割りノルマ、その目的のためのお客様対応。その毎日が、だんだん辛くなっていきました。契約が取れると褒められました。売り上げを上げていくと昇進しました。純粋だった私は、『これが現実か・・』とビジネスをまざまざと知ることとなったのです。
「きっと、大手だからだろう」そう思い、退職後に違うサロンに再就職しました。そのサロンは、私がフェイシャルエステを専門にやっていくきっかけになったことは間違いありません。今度は売上ノルマを覚悟し、経験を積んでいきました。ただ技術が向上すれば良いわけではない。ただ正論を並べてもお客様の心を動かすことはできない。エステティシャンとしての資質を学ぶことができました。
 もっと気軽に、もっとお手頃にエステは受けられないものなのか?そんな疑問を払拭するため個人で始める決意をしました。
2001年 ◆日本エステティック協会認定エステティシャン取得
大手サロンで身につけた知識と、フェイシャルエステの技術、それから独学で美容情報をかき集め常に学びと共でした。個人で開設するにあたり、日本エステティック協会の資格を取得しました。
◆自宅サロン開設
自宅マンションの一室をエステルームにして、サロンをはじめました。地元でもなく、仕事ばかりの生活をしていた私にはお客様のあてなど全くありませんでした。そんな時、友達からホームページを作ってみては?というアドバイスをもらいました。自分自身も、ネット検索で調べ物をするような時ではなかったのでそれが有効かどうかなど全くわかりませんでした。それから、地域情報誌に小さくサロン広告を打ち出しました。
当時は自宅サロンが珍しい時代だったので、お客様は瞬く間にできていきました。
大手サロン経験をもとに、もっと気軽に・お手軽に、これが私のやりたかったサロンなので料金はとても安くしました。ほぼ趣味レベルです。でもそれに火が付き、お客様はどんどんリピートしていきました。こちらから促さずとも次回予約が勝手に入る。1日5名~6名は普通になっていきました。
「週末も祝日も予定がなければ予約を受けよう」休みなく働くことに慣れていた私は、要望があれば断ることをしませんでした。私の自宅サロンに通ってくれるお客様は、決して美意識が高かったわけではありません。値段が安くて、近くて、明朗会計。やらないより、やった方が良い・・そんな感覚だったと思います。
そのようなリピートしてくれるお客様達と付き合っていくうちに、だんだん感じてきたことがあります。
それは、毎回肌が戻っている。エステの仕上がりが続かない。肌荒れはお客様自身のスキンケアにある。お客様は美容について知らなすぎ・・・。そこでホームケア用の化粧品で、自信を持ってすすめられるようなメーカーを探し始めました。
2006年 ◆M化粧品代理店契約・法人化
『エステトリートメントと、提案したいホームケア化粧品は同じモノを使う』私のこだわりでした。当時なかなか見つけることができず、さまよっていました。そこでできたご縁は訪販型化粧品でした。M化粧品のセールスコンサルタントが私をハンティングしてくれたのです。M化粧品は代理店により、サロン展開をしている最中で、外部から募っていたのです。当時担当だった女性セールスコンサルタントと意気投合し、より良いホームケア提案、それからスタッフ育成と、グループサロン展開まで夢をみることになりました。
2007年 ◆店舗サロンへ移転TKビューティー誕生
すでにリピートされていたお客様達に、M化粧品のご案内を始めました。それに伴い、サロンメニューも推奨するトリートメントに切り替えました。スタッフとして働きたいという希望者も現れ、近くに店舗サロンを構え移転をしました。「路面店だからお客様がたくさん来た」という実感はありませんでした。むしろ、「店舗を出しただけでは、お客様って来ないんだ」と思ったくらいです。チラシの配布・ポスティング・地域情報誌掲載・ネット掲載・ホームページなどできることは全部やりました。イベント集客もしました。スタッフを未経験から育て自分も成長させていただきました。自身もお客様のリピートと物販に力を注ぎ、自ら率先してお客様を増やしていきました。自店売り上げは、ぐんぐん伸びすぐに有級点として階段を駆け上がりました。その中で、確実に向いていない!と実感したことがあります。私はスタッフを作り仲間でサロンを盛り上げるのが苦手・・・。経営的にはビジネスを大きくしていく、スタッフを増やしお客様を増やすことは必要でしょう。グループ展開できるようなやり手だったらもっともっと、ビジネスは拡大したでしょう。ところが、どこまでもクオリティーを求め、お客様満足度をあげることばかりに熱中しました。エステティシャンって職人だよねって。学びに終わりはないと誰よりも働いた私自身に、下を作ることなどできませんでした。お客様のことを思いすぎて、自分と同じクオリティーやモチベーションを求めすぎました。振り返れば、実際にはたくさん育成していました。でもその当時は、レベルの低いスタッフにイライラしてばかりでした。
2013年 ◆コスメコンシェルジュ取得
M化粧品の組織づくりばかりしていたので、職人として随分感覚が鈍った気がしました。そこで、日本化粧品検定協会が発足され第1回目の検定を受験しました。私は、第1期のコスメコンシェルジュになったのです。
2015年 ◆M化粧品代理店解約
組織拡張する前に自分で売上げを上げていきました。お客様のリピート率、ホームケアユーザーは90%以上でした。しかし、まだまだ自分のやりたい形ではないことに不満でした。現役のエステティシャンとしてもっと成長したい。そんな強い思いが10年目を目前に、ビジネスをリセットさせることになりました。
◆ダーマロジカ化粧品取扱店契約
お肌の健康を第一に考え、教育の行き届いたダーマロジカ化粧品。エステティシャンとしてのクオリティーの追及にはもってこいでした。私はここで初めて、「本当にやりたかったスタイル」を画一しました。お客さまとの深く永いお付き合いをもとに、必要とされるエステティシャンとして楽しく仕事をしたい。結果(売り上げ)は後からついてくることを知っていたのです。
◆TKbeautyへ改名
◆ダーマロジカ認定エキスパート
◆美容サイトbeauhack.me監修
エステティシャンの20年の経験から美容サイトの監修に携わらせていただきました。
2016年 ◆NECパソコン"LAVIE"コンテンツ肌色診断監修
2万人以上の女性のお肌を見てきた経験から、美容機器の開発監修をさせていただきました。
◆Sawaiゼミ 開設
サロン勤務・個人サロン開設・店舗サロン移転・スタッフ育成・自分スタイル画一
20年の間に、一通りの紆余曲折をしてきました。そんな間にも、ずっとお付き合いいただくお客様がいることが何よりも幸せなことでした。売り上げに目が向いたときもありました。経営にプレッシャーを感じたこともありました。そして、人は追い込まれたときどのような行動をとるのか?自分自身で体感しました。
お陰様で、今は自分がやりたいことをやってお客様が共感してくれるという状況です。お客様から必要とされるやりがいは、セラピストとしてこの上ない幸せではないでしょうか?このセラピストとしての幸せなスタイルを画一できたのは、お客様との信頼関係を築くカウンセリング力にあると思っています。サロンを始めてみたものの、これからがんばりたい!という気合を入れた時こそ、カウンセリング力を磨きお客様と永くお付き合いをして欲しいと思い、ゼミを開設した次第です。
心理カウンセリング1級コーチング1級
2018年 社名変更 株式会社T&K.ok2(業務内容:サロン運営・ゼミ・黄土よもぎ蒸し代理店・バイオラブ代理店)

 

更新日:

Copyright© 3つの軸でサロン売上げのステージアップをサポートをする!Sawaiゼミ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.