サロン物販

サロンでお客様にリピートされるために自信を持って伝えるには

 

 

例えば、

 

『これを言ったらすすめられたって思われちゃうかな』

『この商品を使って欲しいけど、余計なお世話かな』

 

営業が苦手

クロージングが苦手

 

お客様に提案すること躊躇してしまう。

このような経験はありませんか?

 

 

あなたのファンで予約を埋めるサロンづくり

ファンメイクプロデューサー

澤居寿江(さわいとしえ)です。

 

 

私が自宅サロンを始めたころは、

 

この思考がグルグルして

お客様に提案をすることが

全くできませんでした。

 

提案は売り込むこと、売り込みは自分の利益になること

 

提案=売り込み

売り込み=自分の利益

 

つまり、

 

お客様にサービスや商品を売ることは、

 

自分の利益になることで

それを

お客様に思われるのが

とても嫌だったからです。

 

 

 

そもそも、

お客様の気持ちを

ちゃんと考えていませんでした。

 

もし、自信を持ってすすめられるサービスだったら?

 

自分が自信を持って伝えたいサービス、

 

絶対喜ばれると確信がある商品だったら、

あなたはご提案ができますか?

 

私はそれすらできませんでした。

 

 

どこかの気に入っているお店なら

全然紹介ができるのに

 

自分の商売となると

急に伝えられなくなるのです。

 

 

私たちセラピストの頭の中に、

 

自分の利益

サロンの売り上げ

物販の成果

 

そんな目的が少しでもよぎったら、

 

お客様への提案は自分の利益のため

という構図が強く意識され、

 

提案ができなくなってしまいます。

 

私はこの思考を変えるのに

とても頭を悩ませました。

 

私の提案は何よりお客様に喜ばれることだと知れたのは

 

しかし今、

 

その『お客様への提案』が

感謝される行為となり、

 

お客さまとの信頼関係が深まり

長いお付き合いとなっています。

 

それは、

カウンセリングの深みを知ったからです。

 

 

ただただ、

 

お客様満足のために

カウンセリング力を身につけたからです。

 

 

カウンセリング力を身につけることで

 

そもそも

お客様が何を求めているかが

明確にわかるようになります。

 

26302705 – young redhead woman holding pink balloons

 

だから、

お客様の「あったらいいな」が

充分予測がつくようになります。

 

 

提案することは、

お客様のニーズに答えるため。

 

 

そしてそれは、

とても簡単なことです。

 

 

『不自然ではない』『違和感がない』と言う姿勢

 

お客様と過ごす時間と空間の中で、

 

提案に対して、

 

不安な気持ちや

自信がない言葉

 

そして万が一の下心は、

お客様の信用を得ることはできません。

 

 

お客様が、

「こんなに私のことを思ってくれている」

そう思えるニーズへの対応。

 

お客様から求められる

セラピストの

提案型スタイルなのです。

 

お客様の気持ちがわからない

お客様が満足しているかわからない

 

そんな手探りな接客はもうやめませんか?

 

 

 

 

カウンセリング術無料メール講座